転職活動での注意点

私は新卒である企業に勤めましたが、ブラック企業とまで言わずとも非常に激務で、20代、30代は問題ないかもしれないが、それ以上になった時のことを考えると到底続けられるとは思わなかったため、2年勤めた後転職活動を始めました。最初は新卒で2年で辞めてしまってはどこも採用してくれないのではと不安に思っていましたが、実際に面接に行き、なぜ退職したのかなどを聞かれ仕事の内容や労働時間を語るとどの面接官も共感してくださり、リラックスした状態で面接をすることが出来ました。何社か受けていくと、内定を頂くことも出来ましたが、大体は第一希望の職ではなく、断るかどうするか悩みました。当時はどうしても気になる企業があった事もあり、思い切って内定を辞退しました。その後、第一希望の会社で面接し、内定を頂く事が出来たので良かったです。転職活動において、一番の試練だったのが自分との戦いでありました。激務の仕事を退職し、無職の状態になるとついつい、休みの期間を堪能してしまい、無気力状態が続いてしまった事です。また、仕事に就くと仕事に追われるのではないかと満喫してしまうのです。その無気力を乗り越えなければどうにもならないので大変でした。これから転職をする方は気をつけてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ